コンテンツにスキップする

香港の銀行、支店の最大3割で休業-金融管理局

  • 新型コロナウイルス感染から行員や顧客を守るため
  • HSBCは24カ所、中国銀行(香港)は49店舗で営業中止

香港では銀行支店の2、3割が休業すると香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)が声明で発表した。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた措置で、営業時間を短縮して業務を続ける支店もあると説明した。

  HKMAは、休業や営業時間短縮はウイルス感染から行員や顧客を守るためだとし、「一時的な措置」への利用者の理解を求めた。

  HSBCは電子メールで配布した資料で、2月3日からサービス店舗24カ所で一時的に業務を停止すると発表。業務再開については追って通知するという。中国銀行(香港)は2月1日から49店舗を休業すると発表。140店舗余りで通常通り業務を続けるという。

原題:HKMA Says H.K. Banks Shut 20%-30% of Branches Amid Coronavirus、HSBC to Suspend 24 Service Outlets in H.K. Until Further Notice、Bank of China Hong Kong to Shut 49 Outlets From Feb. 1(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE