コンテンツにスキップする

アストンマーティン、資産家ストロール氏に少数株売却へ

英高級車メーカー、アストンマーティン・ラゴンダ・グローバル・ホールディングスは31日、少数株の売却で資産家ローレンス・ストロール氏と合意したと発表した。同社初のスポーツタイプ多目的車(SUV)「DBX」の生産開始に備える中、資金繰りを改善する。

  発表資料によると、自動車レース最高峰フォーミュラワン(F1)チームを所有するカナダ人投資家のストロール氏(60)率いるコンソーシアムがアストンマーティン株16.7%を1億8200万ポンド(約260億円)で取得する。また、ストロール氏ら大株主が支援するライツイシュー(株主割当増資の一種)でさらに3億1800万ポンドを調達する。

  双方が合意に近づいているとブルームバーグ・ニュースは先に報じていた。

F1 Grand Prix of France - Final Practice

ローレンス・ストロール氏

原題:Aston Martin Secures Deal to Sell Stake to Billionaire Stroll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE