コンテンツにスキップする

中国の海通国際証券、香港従業員1人に新型ウイルス感染の疑い

  • 武漢から来た親族と22日に会ってから同僚と接触せず
  • 香港、新型コロナウイルス感染確認12件報告-30日時点

中国の海通国際証券集団は30日、香港の女性従業員が新型コロナウイルスに感染した疑いがあると社内通知で明らかにした。他の従業員へのリスクはないとしている。

  同社の広報担当者が内容を確認した。通知によると、この女性は中国湖北省武漢からキャセイパシフィック航空を利用して訪れた親族に会った22日の午後から休暇中。親族に会った後に同僚と接触しておらず、現在は病院で経過観察中という。

  当局によれば、香港では新型コロナウイルス感染確認が30日時点で12件報告されている。海通国際の従業員は約1100人。

原題:
Haitong Says Hong Kong Employee Suspected With Virus Infection(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE