コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

中国経済成長率、1-3月に4.5%に低下も-新型ウイルス深刻化なら

  • ブルームバーグ・エコノミクスが03年のSARS流行時を基に推計
  • 4-6月には持ち直す見込み-20年の年間成長率は5.7%になる方向
Workers work on the footwear production line at the Anta Sports Products Ltd. factory in Jinjiang, Fujian, China, on Tuesday, Aug. 27, 2019. Western companies still dominate China's $43 billion domestic sports apparel market, where Nike's share is almost 23%, Adidas holds 20% and Anta is third, with 15%. Anta President James Zheng predicts it will be the country's dominant sportswear brand by 2025. The rest of the world will get to know it, too, he says. One reason: Two years ago, NBA star Klay Thompson agreed to a 10-year, $80 million extension of his endorsement deal with the company.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国の新型コロナウイルス感染拡大が国内総生産(GDP)に深刻な影響を及ぼせば、国内経済の成長率は1-3月に4.5%と、昨年10-12月の6%から急低下する可能性がある。ブルームバーグ・エコノミクスが試算した。

  舒暢、ジェイミー・ラッシュ、トム・オーリックのエコノミスト3氏が2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時の経験とその後の中国経済の変化を基に算出し、リポートが30日に公表された。

  3氏は4-6月には景気が持ち直し、20年の年間成長率は5.7%になる方向だとの見方も示した。従来予想から0.2ポイントの下方修正で、19年の成長率(6.1%)を下回る。

  新型ウイルス問題が長期化し4-6月までに封じ込めることができなければ、今年の中国成長率は5.6%に低下するとみている。

Coronavirus may drag GDP to 4.5% in the first quarter

 

原題:
China Seen Slowing to 4.5% in 1Q in Severe, Short Virus Outbreak(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE