コンテンツにスキップする

みずほ、10ー12月期の純利益は2倍超の1163億円-進捗率86%に

更新日時
  • グローバル部門は4-12月期で伸張、DCM好調が寄与
  • 次期システムのコスト負担で国内大企業部門は減益に

みずほフィナンシャルグループの2019年10-12月期連結純利益は、前年同期比2.3倍の1163億円となった。株式売却益が4倍弱に増えたほか、与信関係費用も減少した。

  31日開示の決算資料を基に算出した。本業のもうけを示す業務純益は同27%増の1214億円。通期(20年3月期)の純利益予想は4700億円を据え置いた。4-12月累計の純利益は前年同期比1.4%減の4040億円。通期予想に対する進捗(しんちょく)率は86%となった。

  4-12月期のカンパニー別純利益では、グローバルコーポレート部門が前年同期比61%増の1149億円と伸びた。米国の債券引き受け業務(DCM)などが好調だった。また、海外向けのソリューション提供や資金運用などを行うグローバルマーケッツ部門も同41%増の1153億円だった。

  一方、国内大企業や金融・公共法人を管轄する部門では、本業粗利益は横ばいだったが、次期システムのコスト負担が響き、純利益は同24%減の1723億円だった。 

  19年10ー12月期の国内預貸金利回り差は0.76%で、7-9月期の0.77%からさらに低下した。

19年10-12月期決算の主な内容(前年同期との比較)
  • 資金利益は1.4%増の1783億円
  • 役務取引利益は16%増の1598億円
  • 株式関係損益は3.9倍の499億円
  • 与信関係費用は132億円-前年同期238億円
Inside Mizuho Bank Office Ahead of Its Earnings Announcement

10-12月期の純利益は2倍超に

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

(情報を追加して記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE