コンテンツにスキップする

GE、蒸気発電事業の売却を検討-関係者

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は蒸気発電事業の売却を検討していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  社外秘の情報だとして、匿名で話した関係者によると、同社は今後数カ月で蒸気事業に対する買い手の関心度を測る計画。最終決定は下されておらず、売却しない可能性もあるという。

  GEの担当者は売却の可能性に関してコメントを控えた。

  30日の米市場でGE株は下げ、一時は前日比3.4%安となった。前日には2020年について明るい見通しを示したことが好感され、株価が10%余り上昇していた。

  ガスタービンや発電機の製造も手掛けるGEパワーは、発電所の新設需要が後退する中、現金流出に歯止めがかかっていない。ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)は2018年の就任後まもなく、GEパワーを事業別に再編した。

原題:
General Electric Is Said to Explore Sale of Steam Power Unit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE