コンテンツにスキップする

ダリオ氏、分散投資が最善の戦略-「分からない」新型ウイルスの対策

レイ・ダリオ氏

レイ・ダリオ氏

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
レイ・ダリオ氏
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

ヘッジファンド会社、ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者レイ・ダリオ氏は、パンデミック(病気の世界的大流行)のことになるとよく分からないという。

  よって、新型コロナウイルスの感染拡大が市場に及ぼす影響を考えた場合、安全策を取り、分散投資でヘッジするのがダリオ氏の計画だ。

Key Speakers At The Bridge Forum

レイ・ダリオ氏

  ダリオ氏は28日付の顧客リポートで「分からない場合、最善の戦略はさまざまな多くの場所や資産クラス、通貨にわたって賢明に投資を分散させることだ」と記した。

  新型コロナウイルスの感染拡大により市場で「質への逃避の動き」が引き起こされ、世界的に株式が売られる一方、債券や金、ドルの対人民元相場が上昇したと、ダリオ氏は指摘。投資家がどう反応しているかを理解することが重要になるとの考えを示した。

  その上で、「実際に何が起きているのか、何が起きているのかと人々が考え、それが価格設定にどう反映されているのか、また状況の反転を示唆する指標は何かに注意を払いたい」と記した。

原題:
Ray Dalio Hedging Bets to Counter the Unknown of Coronavirus (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE