コンテンツにスキップする

タイのプラユット首相、コロナウイルス感染ではない-保健省

タイの保健省は、体調を崩したプラユット首相が新型コロナウイルスに感染した可能性を否定した。

  プラユット首相は風邪に似た症状が見られたため30日の予定を幾つかキャンセルしたと、タイ政府報道官が明らかにした。首相は引き続き電話での対応やその他の職務を遂行しているという。

  首相はツイッターに「軽い風邪をひいたため、医師の指示により今日は病欠している」と投稿した。

  首相は前日、新型コロナウイルスのスクリーニング検査を査察するためにバンコクの主要国際空港を訪れていた。その際はマスクを着用していた。

原題:Sick Thai Prime Minister Doesn’t Have Coronavirus, Minister Says(抜粋)  

原題:
Sick Thai Prime Minister Doesn’t Have Coronavirus, Minister Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE