コンテンツにスキップする

円が全面高、新型肺炎の拡大懸念でリスク回避-対ドル108円台後半

更新日時

東京外国為替市場では円が全面高。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、企業活動の停滞懸念や大幅な株安が背景。ドル・円相場は1ドル=108円台後半まで円高が進んだ。

  • ドル・円は午後3時39分現在、前日比0.1%安の108円93銭。朝方に付けた109円08銭を日中高値に、徐々に水準を下げ、一時は108円85銭まで軟化
  • 豪ドル・ドル相場は0.2%安の1豪ドル=0.6738ドル。一時0.6731ドルと、昨年10月16日以来の安値

ドル・円は目先の下値を模索

市場関係者の見方

マネーパートナーズの武市佳史チーフアナリスト

  • 新型ウイルスの感染拡大を受けた大幅な株安に引きずられる形で下げており、イメージは下方向だ。ただ株式市場とは異なり、今回の騒動前に過熱感がなかった分、下げ幅が限られる面も
  • テクニカル的にも一目均衡表(日足)の雲の上限と下限、50日移動平均線と100日移動平均線に挟まれており、どちらに抜けるにもかなりの材料が必要
  • 目先の焦点は春節明けの来週月曜日に上海株がどの程度崩れるかだ。それまではドル・円も小康状態が続く可能性がある

ドイツ証券外国為替営業部の小川和宏ディレクター

  • 日本で新型コロナウイルスへの感染者が増えていることもあって警戒感が強く、株安につれてドル・円も下押している
  • ただ、海外では事態の鎮静化に向けて進展しているというポジティブな評価もあり、経済への影響も1四半期分の落ち込みは翌四半期で回復するとの見方からリスクオフの強度は落ちてきている

背景

  • 新型ウイルスで中国の死者が170人、本土の感染症例も7711件に-WHOは緊急事態宣言を検討へ
  • 武漢から帰国の邦人3人が新型ウイルス陽性、国内ヒト・ヒト感染認める-厚労省
  • FRB議長、新型ウイルスの影響巡って「状況を非常に慎重に注視」
  • FOMC、政策金利を据え置き-インフレ目標の達成必要とFRB議長
  • 日経平均株価は前日比401円65銭安で取引を終了。米株価指数先物や香港株も下落
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE