コンテンツにスキップする

テスラ、上海での「モデル3」生産に遅れ想定-新型ウイルス拡大で

  • 20年1-3月の収益性に若干の影響を及ぼす可能性
  • カークホーンCFOが決算発表後の電話会見で語った

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは中国の上海工場での「モデル3」生産に1週間から1週間半の遅れが生じると想定している。ザック・カークホーン最高財務責任者(CFO)が29日明らかにした。中国では新型コロナウイルスの感染が拡大している。

  同CFOは2019年10-12月(第4四半期)決算発表後の電話会見で、新型ウイルス問題の中国事業などに対する影響への見通しを説明。

  「一時的な影響の有無やそれがどの程度になるか把握する初期段階だ」と語った上で、20年1-3月(第1四半期)の収益性に若干の影響を及ぼす可能性があるとの見方を示した。

関連記事
テスラ株が650ドル上回る-黒字確保、「モデルY」納車前倒しへ
テスラが中国製「モデル3」を初めて出荷-現地従業員に引き渡す(19年12月配信)

原題:
Tesla Sees Delay in Shanghai-Built Model 3s on Coronavirus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE