コンテンツにスキップする

イエメン武装組織がアラムコ施設にミサイル-「全て迎撃」とサウジ

  • 空港などサウジ国内の他の標的も攻撃-フーシ派スポークスマン
  • 標的に達する前に全て迎撃-サウジ政府当局者

イエメンのイスラム教シーア派系の反政府武装組織フーシ派は、隣国サウジアラビア南西部のジザンにあるサウジアラムコの施設を標的にミサイルを発射したと表明した。ただサウジの当局者は、これら飛翔体が標的に達する前に迎撃されたと述べた。

  フーシ派はアブハ空港やジザン空港、ハミース・ムシャイト基地などサウジ国内の他の標的もミサイルとドローンで攻撃したと、同派のスポークスマンはテレビで語った。イエメン空爆への報復だと説明したが、攻撃が行われた日付やその他詳細には触れなかった。

  サウジアラムコはコメントを控えたが、サウジ政府の石油担当当局者は、フーシ派からのミサイルが全て迎撃されたと説明。メディアに話す権限がないことを理由に匿名を条件に語った。

  イエメンとの国境に近いジザンにはアラムコの製油所(処理能力は日量40万バレル)があるが、原油生産施設や主要輸出ターミナルはない。

  攻撃が最初に報じられた後、ブレント原油先物は一時1.9%上昇したが、その後は上げ幅を縮小した。

原題:
Yemeni Rebels Target Saudi Aramco in Jazan (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE