コンテンツにスキップする

三井住友F:10-12月の純利益は8%増、通期の進捗率は87%に

更新日時
  • 市場部門が好調だったほか、与信関係費用の減少も寄与
  • 通期の純利益予想は7000億円を据え置き-アナリスト予想は7206億円

三井住友フィナンシャルグループの2019年10-12月期連結純利益は、前年同期比8%増の1789億円となった。市場部門が好調だったほか、与信関係費用の減少も寄与した。

  30日開示の決算資料を基に算出した。本業のもうけを示す業務純利益は同1%減の2672億円だった。与信関係費用は321億円と前年同期と比べて160億円改善した。

  通期(20年3月期)の純利益は従来予想の7000億円を据え置いた。通期の純利益予想に対する進捗(しんちょく)率は87%に達した。ブルームバーグのデータによると今期純利益のアナリスト予想平均は7206億円。

19年10-12月期決算の主な内容(前年同期との比較)
  • 資金利益は8%増の3293億円
  • 役務取引利益は7%増の2814億円
  • 株式関係損益は19%減の236億円
  • 与信関係費用は321億円-前年同期は480億円

  4ー12月期の決算開示資料によると、市場部門が債券売却益の計上などで前年同期比で693億円の増益。資産運用ビジネスは回復トレンドにある。外債の保有残高は、9月末の9兆4546億円から10兆5489億円に増加した。

  一方、同期の国際部門は同43億円、ホールセールは同20億円、リテール部門は同7億円それぞれ減益だった。

  10ー12月期の国内預貸金利回り差は、7ー9月期から横ばいの0.9%だった。政策保有株の売却は、19年4-12月期で累計730億円となっており、今後売却を予定している株式の残高は710億円となった。

Views of Japanese Mega Banks Ahead Of Full-Year Results

10-12月期の純利益は前年同期比8%増に

(決算の詳細を加えて記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE