コンテンツにスキップする

新型ウイルス、中国の死者が170人に-WHOは緊急事態宣言検討

更新日時
  • 本土の感染症例は1737件増の7711件-国家衛生健康委員会
  • WHOは30日に緊急委の会合、緊急事態に当たるか話し合う

中国国家衛生健康委員会は30日、新型コロナウイルスの感染による死者が170人に増えたと発表した。これまでは132人だった。本土の感染症例も1737件増の7711件に達した。湖北省の保健当局はこれより先、死者が29日に37人増えたと発表していた。

  30日にはインドでも1人目の感染が確認された。インド政府によると、湖北省武漢の大学で学んでいた学生がインド南部のケララ州でウイルス検査を受け陽性と判定された。患者は病院で隔離、モニターされており病状は安定しているという。  

  世界保健機関(WHO)は30日にジュネーブで緊急委員会の会合をあらためて開き、新型コロナウイルスの感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に当たるかどうかを話し合う。会合は現地時間午後1時30分(日本時間同9時30分)に始まる予定。

US-CHINA-HEALTH-VIRUS

武漢に滞在していた米国人を乗せた臨時便がカリフォルニア州のマーチ空軍予備役基地に到着(29日)

  米ホワイトハウスのクドロー米国家経済会議(NEC)委員長は29日、新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めを目指す中国を支援するため、米国から専門家を中国に派遣する方針を明らかにした。  

  クドロー委員長は中国を「手助けするため最も優れた専門家を米疾病対策センター(CDC)から派遣する」と記者団に説明、「そうするよう中国から招請された」と述べた。

  米政権が中国便制限を検討しているかどうかとの質問には、「さまざまな方法について多くの議論がある」と発言。「今回は大体において常識を優先させる。武漢に渡航しないということだ」とし、 「航空便に関し、中国側は感染拡大を抑え込むため米国便などに全面的な制限をかける意向を示している。私はそれより先回りすることを望まず、何も示唆したくない」と語った。

CHINA-HEALTH-VIRUS

武漢市内の小売店で商品を買い求めるマスクをした客(26日)

 

 

CHINA-HEALTH-VIRUS

北京でマスクをしながらサッカーを楽しむ子どもたち(29日)

原題:WHO Considers Emergency Decree; Toll Hits 170: Virus Update、China Says Coronavirus Cases Jump to 7,711 Cases: NHC、U.S. to Send Experts to China to Fight Coronavirus, Kudlow Says、WHO to Reconvene Emergency Committee on Coronavirus on Thurs (1)、Outbreak Threatens China Economy as WHO Meets: Virus Update(抜粋)

(インドでの感染が確認されたことを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE