コンテンツにスキップする

【米国株】S&P500上げ失う、議長発言で-国債上昇

更新日時
Global Stocks Slide as Industrial Metals Tumble, Euro Weakens
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Global Stocks Slide as Industrial Metals Tumble, Euro Weakens
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

29日の米株式相場はほぼ変わらず。このところの相場上昇ペースは世界経済成長に対するリスクに不釣り合いだとの見方が浮上し、主要株価指数は最高値近辺で伸び悩んだ。米国債は上昇。

  • 米国株、高値圏で伸び悩む-S&P500が小幅下落
  • 米国債は上昇、10年債利回りは1.58%に低下
  • NY原油は反落、米原油在庫の増加で上げ失う
  • NY金先物はほぼ変わらず-スポットはFOMC後に上昇を維持

  米連邦公開市場委員会(FOMC)はこの日、主要政策金利を据え置いた。S&P500種株価指数はパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受け、上げを失った。パウエル氏は貿易政策や新型コロナウイルスなどの不確実性が残ると述べた。一方、FOMCがインフレに関する文言を変更したことについて、パウエル氏はインフレ率が2%目標を持続的に下回っていることを政策当局者は心地よく思っていないと説明。米国債は上げ幅を拡大した。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%安の3273.40。ダウ工業株30種平均は11.60ドル(0.1%未満)高の28734.45ドル。ナスダック総合指数は0.1%上昇。ニューヨーク時間午後4時56分現在、米10年債利回りは8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.58%。

  ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティチュートのシニアグローバル市場ストラテジスト、サミーア・サマナ氏は、米国で「利上げよりも利下げの確率の方が高いかもしれないことに市場は再度注目しているようだが、それなら株式にはプラスだと当社は考えていただろう」と指摘。「相場上昇を受け、多少の利益確定売りが出た可能性がある」と語った。

  ニューヨーク原油先物相場は反落。米エネルギー情報局(EIA)の統計で米原油在庫が大きく増加したことが示され、供給過剰懸念が強まった。午前中は、イエメンの武装組織フーシ派がサウジアラムコの施設にミサイル攻撃を行ったことを手掛かりに一時上昇していた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は15セント(0.3%)安の1バレル=53.33ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は、30セント高の59.81ドル。

  ニューヨーク金市場ではスポット相場がFOMC後に上昇を維持。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限はFOMC声明発表前に、ほぼ変わらずの1オンス=1576.00ドルで取引を終えた。

原題:U.S. Stocks Struggle Near Record; Treasuries Rally: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Extend Gains After Fed’s Powell Comments on Inflation

Oil Declines After Biggest U.S. Crude Build Since November

Copper Extends Record Slump on Virus Fears, Dollar; Gold Steady

(市場関係者のコメントを追加、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE