コンテンツにスキップする

FOMC、政策金利を据え置き-インフレ目標達成必要とFRB議長

更新日時
  • 声明の文言修正、低インフレに不満との「より明確なシグナル」意図
  • テクニカルな調整でIOERと翌日物リバースレポ金利を引き上げ
パウエル議長

パウエル議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
パウエル議長
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米連邦公開市場委員会(FOMC)は28、29両日に定例会合を開催し、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを1.50-1.75%で維持することを決定した。また、当面は政策金利を据え置くことも引き続き示唆した一方、インフレ率を当局の目標まで高める重要性も強調した。

声明全文はこちらの記事をご覧ください  

  FOMCは会合後に発表した声明で、1.50-1.75%という目標レンジは「経済活動の持続的な拡大を支える上で適切」な水準だと説明。前回の声明の文言を繰り返した。一方で、超過準備への付利(IOER)にテクニカルな調整を行ったほか、短期金融市場の安定維持を目的としたプログラムを少なくとも4月まで継続する方針を明らかにした。

  連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は政策決定後の記者会見で、「金融政策は持続的な経済成長を支え、米国民の助けとなる上で適切な状態にあると考えている」と述べた。

Fed raises interest on excess reserves by five basis points

  声明ではまた、現行の金融政策スタンスはインフレ率が「委員会が目指す対称的な2%目標に戻る」のを支援する上で適切だと文言を修正。従来は「2%目標付近でのインフレ率推移を支えるために適切」としていた。

  この文言修正についてパウエル議長は記者会見で、インフレ率が目標を下回り続けていることにFOMCが満足していないという「より明確なシグナル」を送ることが目的だったと説明。「2%へのコミットメントが上限ではないことを強調したかった」と述べた。

  29日の米株式市場は伸び悩み、米10年国債利回りは低下した。トレーダーの間では当局が年末に向けて利下げするとの観測が強まった。

  BNPパリバの米国担当チーフエコノミスト、ダニエル・アン氏は「米金融当局はこれまで政策変更のハードルがいずれの方向もかなり高いと表明していたが、われわれは利上げより利下げの壁の方が低いと考える」とコメント。低過ぎる状態が続くインフレ率に当局が不満なことを強調するパウエル議長の姿勢に「ハト派への傾斜」が見られたと同氏は指摘した。

  FOMCは主要政策金利は据え置いたが、それ以外で幾つか変更を行った。

  • IOERは、5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き上げ1.6%とすることを決定-実効FF金利を誘導目標レンジ内にとどめることを目的としたテクニカルな調整
  • 翌日物リバースレポ金利も5bp引き上げ1.5%とし、タームレポと翌日物レポを少なくとも4月まで継続することを決めた
  • 家計支出については「緩やかな」ペースで増加していると、判断を下方修正。従来は「力強い」ペースとしていた

  経済活動については「緩やかな」ペースで拡大、また「力強い労働市場」との判断は据え置いた。

  新型コロナウイルスの感染拡大について、パウエル議長は「非常に慎重に状況を見守っている」と語った。

  前回会合に続き、今回も全会一致での決定だった。

原題:Fed Holds Main Rate as Powell Stresses Need to Hit 2% Inflation

Powell Says Fed ‘Very Carefully’ Monitoring Coronavirus Impact(抜粋)

(アナリストのコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE