コンテンツにスキップする

AT&T、利益が予想上回る-テレビ契約者数は過去最大の流出

通信・メディアの米AT&Tが発表した2019年10-12月(第4四半期)決算は、利益が市場予想を上回った。テレビ契約者数は急減し、メディア事業への支出が増加した一方で、コスト削減が奏功した。バランスシートを改善し、新たな動画配信サービス「HBOマックス」の開始に注力したい同社にとって、明るい兆しとなった。

  • 10-12月の利益は一時項目を除いたベースで1株当たり89セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想は87セントだった。米最大のテレビサービス、ディレクTVを運営するAT&Tでは、契約者数が120万人減少。アナリスト予想は64万人減だった。

インサイト

  • 昨年の米テレビ契約者数は410万人減と、年間ベースでは過去最大のマイナス。ネットフリックスHulu(フールー)といったストリーミングサービスへの顧客流出が浮き彫りになった。エンターテインメント事業のマージン拡大に向け割り引きを廃止したことも、客離れを増幅させた。
  • 顧客の引き留めと新規開拓に力を入れたいAT&Tにとっては、5月にサービスを開始するHBOマックスが重要となりそうだ。

市場の反応

  • AT&Tの株価は一時2.7%安。昨年は37%上昇し、値上がり率は同業の米ベライゾン・コミュニケーションズの9%、およびS&P500種株価指数の29%をいずれも上回った。

詳細

  • 決算の発表資料はこちらをご覧ください。

原題:
AT&T Tops Profit Estimates Despite Record TV Customer Losses (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE