コンテンツにスキップする

ゴールドマン、新たな成長目標を設定-投資家に意欲をアピール

更新日時
  • 今後3年間のROEを13%超に引き上げへ-初のインベスターデー
  • コストを13億ドル削減し、事業運営資金でリテール預金依存を高める

かつてウォール街で圧倒的な強さを誇ったゴールドマン・サックス・グループは、失われた輝きを取り戻そうと新たな成長目標を掲げて投資家にアピールした。

  初のインベスターデーを開いたゴールドマンは、今後3年間の株主資本利益率(ROE)を13%超に引き上げることを目指すと表明。コストを13億ドル(約1420億円)削減し、事業運営資金においてリテール預金への依存を高める方針。2019年のROE実績は法務係争費用を除いたベースで11.5%だった。同社経営陣はトランザクションバンキングとリテールバンキングの採算化を見込み、利益率は「10%台半ば」に到達可能だと話した。

ソロモンCEOがブルームバーグとのインタビューで語る

Markets: The Close.” (Source: Bloomberg)

  同社は今後3年間で14%を超える有形株主資本利益率(ROTE)を目指すと明らかにした。また経営レベルでの人員削減や人工知能(AI)活用で経費を減らす計画に基づき、効率比目標を60%に設定した。

  デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は「こうした好機の1つまたは複数を実際に開花させたゴールドマン・サックスを想像してほしい」とインベスターデー参加者に呼び掛け、「われわれの収益力が劇的に伸びるだろう」と述べた。

A Slimmer Goldman

The bank set out a cost-ratio target that's well below recent marks

Source: Company filings

Goldman's Profit Goal

New target isn't the glory days, but is higher than most of the last decade

Source: Company filings

原題:Goldman Sets Out New Targets to Get Investors Excited Again (2)The Goldman of Tomorrow Wants to Be More Like Everyone Else (1)(抜粋)

(最終段落にCEOの発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE