コンテンツにスキップする

GE株急伸、キャッシュフロー見通しが予想上回る-事業再編に追い風

29日の米株式市場で複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)が急伸。同社は製造業事業のキャッシュフローが2020年に増加するとの見通しを示した。ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)が進める事業再編に弾みがつきそうだ。

  GEの29日発表によると、インダストリアル事業の今年のフリーキャッシュフローは最大で40億ドル(約4400億円)となり、19年の23億2000万ドルから増加する見込み。ウォール街では今年について、22億ドルと予想していた。

  GEの株価は一時10%高。昨年には53%上昇し、値上がり率はS&P500種株価指数の29%を大きく上回っていた。

GE has easily beat the broader market since early last year

  19年10-12月(第4四半期)のインダストリアル事業のフリーキャッシュフローは39億ドル。19年通年の23億2000万ドルは、アナリスト予想(13億ドル)と同社予想をいずれも上回った。

  10-12月の調整後利益は1株当たり21セントに増加。ブルームバーグがまとめた市場予想平均の17セントを上回った。一方、売上高は1%減の262億ドル。市場予想は253億ドルだった。

  米ボーイングの737MAX危機の問題に対応しつつも、アビエーション部門が好調だった。同部門の売上高は5.7%、受注は22%それぞれ増加した。

原題:
GE Surges After Cash Outlook Bolsters CEO’s Turnaround Drive(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE