コンテンツにスキップする

ボーイング、737MAX関連費用が約2兆円に-通期で22年ぶり赤字

米航空大手ボーイングは、世界中で運航が禁止された737MAXを巡る総費用が180億ドル(約1兆9600億円)を超える見通しだと明らかにした。この額には、年内に見込まれる生産再開の費用も含まれる。

  ボーイングが29日発表したプレゼンテーション資料によると、737MAXの運航禁止で損失を被っている航空会社への補償として2019年10-12月(第4四半期)に税引き前で26億ドルの費用を計上。運航禁止は今年半ばまで続くと見込まれている。さらに生産の遅れによる損失は26億ドル拡大し、長期的な収益力に影を落としそうだと指摘した。737MAXの関連費用はこれまで公表された額が90億ドル余りに上るが、今回の発表分でいっそう膨らむ。

  19年通期決算も、部品供給が混乱し生産ラインが停止した1997年以来の赤字に沈んだ。ボーイングはまた、737MAXの生産再開が遅々として進まない中で約40億ドルの「将来の非日常費用」を見込む。期待を修正し、最善のシナリオでも数年はかかるとみられる回復へかじを切ろうとするデービッド・カルフーン新最高経営責任者(CEO)が受ける圧力は強まりそうだ。

  ボーイングは787ドリームライナーの生産を来年初めに月間10機へと追加削減する計画も明らかにし、ブルームバーグニュースの先週の報道を追認した。同社製宇宙船スターライナーが国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに失敗したことを受け、米航空宇宙局(NASA)が追加の飛行実験を求めた場合に備えて、4億1000万ドルも引き当てた。

Lot Full

Boeing's stockpile of planes has grown during the 737 Max grounding

Source: The company

原題:Boeing Sees Max Tab Passing $18 Billion on Halting Recovery (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE