コンテンツにスキップする

住信SBI銀、ネット専業銀行として初の上場を検討-報道

更新日時

インターネット専業の住信SBIネット銀行が株式を上場する検討に入ったことがわかったと、日経新聞電子版が報じた。ネット専業銀行としては初の上場となる。

  住信SBIの株式を半分ずつ持ち合うSBIホールディングスと三井住友信託銀行が協議を開始しているとしており、時価総額は中央値で4000億円程度との試算があると報じている。

  上場に向けた具体的な計画は今後詰めるが、三井住友信託とSBIは一定の株式を持ち続ける意向だとしている。

  三井住友信託銀行の広報担当、岩津正樹氏はブルームバーグ・ニュースの取材に対し、住信SBI内に成長戦略を検討する組織を立ち上げており、株式公開も選択肢の一つとしていると説明。その上で、「現時点で決まったことはない」と述べた。SBIホールディングスの広報担当、岡安翔一氏は「現時点では特段コメントはない」と述べた。

(SBIホールディングスの広報担当のコメントを加えて記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE