コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ハーバード大の研究者を逮捕、中国との関係巡り虚偽の説明-米当局

  • リーバー容疑者は化学・化学生物学部長でナノテク研究の第一人者
  • リーバー容疑者は研究者採用支援で中国から支払い受けていた-当局

米当局は28日、中国政府に科学研究成果を移転するための人材採用プログラムにおいて、自らが果たした役割について米捜査当局に虚偽の説明を行ったとして、ハーバード大学の化学・化学生物学部の学部長でナノテクノロジー研究の第一人者、チャールズ・リーバー容疑者を逮捕した。

  ボストンの連邦検察当局によると、リーバー容疑者(60)は中国から月5万ドル(約550万円)の支払いを受けたほか、武漢理工大学で研究室を設立して研究を行うために150万ドル余りを受け取った。

Charles Lieber GETTY Sub

チャールズ・リーバー容疑者

  検察当局によれば、リーバー容疑者は武漢理工大および中国政府の海外研究者採用プログラム「千人計画」への自身の関与について、米国防総省の調査官に対し虚偽の回答をした。

  米当局によると、この結果、ハーバード大は同容疑者の中国への協力について米国立衛生研究所(NIH)に真実と異なる説明を行うことになった。ハーバード大が受け取っている助成金は、外国政府との関係について開示を義務付けているという。

  ハーバード大は容疑について「極めて重大」だとコメント。「NIHを含む連邦当局と協力しているほか、疑われている不正行為について独自の調査を開始する。リーバー容疑者は無期限の休職扱いとした」と説明した。

原題:
Harvard Chemistry Chief Charged With Lying About China Ties (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE