コンテンツにスキップする

東京地検、ゴーン被告の逃亡で弘中弁護士の事務所を捜索-報道

更新日時
弘中惇一郎弁護士

弘中惇一郎弁護士

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
弘中惇一郎弁護士
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

東京地方検察庁が、日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告の弁護を担当していた弘中惇一郎弁護士の事務所の捜索を始めたことが関係者への取材で分かったとNHKが報じた。

  ブルームバーグは東京地検に取材を試みたが、広報担当者は捜査に関わる内容についてはコメントできないとした。弘中事務所にも電話取材を試みたが、報道についてコメントを得られなかった。

  弘中弁護士は8日、刑事訴訟法に基づく押収拒絶権を行使し、ゴーン被告が利用していたパソコンの東京地検による差し押さえを拒否していた。

  • 東京地検はゴーン被告が中東のレバノンに逃亡した事件の関係先として同事務所を捜索-NHK
  • 関係する資料などを押収し、逃亡に至る経緯について解明を進めるものとみられる-NHK

基の情報をご覧になるにはこちらをクリックしてください

(第2、3段落を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE