コンテンツにスキップする

アップル、エンジニアの中国派遣に制約も-ユナイテッド航空が減便

  • アップルはサンフランシスコ-上海間ビジネスクラス1日約50席購入
  • ユナイテッド航空は2月1日から米中路線の運航を減らす

中国での新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅客需要の減少で米ユナイテッド航空が中国便を減らすことから、米アップルによるエンジニアの中国派遣が制約される可能性がある。

  アップルはサンフランシスコ-上海間のビジネスクラスを1日当たり50席程度購入している。ユナイテッドはこの路線を含めた中国便の運航を減らすことを決めた。

  カリフォルニア州クパチーノで製品を設計するアップルだが、製造の大半は中国で行われ、同社のエンジニアとマネジャーによる厳密な現場管理が必要となっている。

  アップルはコメント要請に応じていない。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は同社として新型コロナウイルス感染の被害者に支援活動を手助けすると先に述べている。  

  ユナイテッド航空の持ち株会社ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは28日、2月1日から米中路線の運航を減らすと発表。需要が大幅に縮小したためだと説明した。

関連記事
米当局、不要不急の中国渡航回避を勧告-空港スクリーニング強化

原題:Apple Travel to China Could Be Cut After United Reduces FlightsUnited Air to Reduce China Flights After U.S. Warns on Virus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE