コンテンツにスキップする

キューバ付近でM7.7の地震、マイアミ金融街で建物から避難

更新日時
  • 津波の恐れはなくなったと太平洋津波警報センターが2時間後に発表
  • 震源はキューバとジャマイカの間で深さ10キロ
M 7.3 - 117km NW of Lucea, Jamaica on Jan. 28.
M 7.3 - 117km NW of Lucea, Jamaica on Jan. 28. Photographer: USGS
M 7.3 - 117km NW of Lucea, Jamaica on Jan. 28.
Photographer: USGS

キューバの南で米東部時間28日午後2時10分(日本時間29日午前4時10分)ごろ、マグニチュード7.7の地震が発生した。カリブ海地域に津波警報が一時発令され、米フロリダ州マイアミの金融街ブリッケルでは数千人が建物の外に避難した。

  米地質調査所(USGS)によると、地震はキューバとジャマイカの間で発生し、震源の深さは10キロ。

  地震発生の2時間後、太平洋津波警報センター(PTWC)は津波の恐れはなくなったと発表した。

  ジャマイカ首相府の声明によると、同国での被害はこれまで伝えられていない。マイアミ・ヘラルド紙によれば、キューバの首都ハバナで被害の兆候は現時点でないという。

原題:Magnitude 7.7 Quake Hits Near Cuba; Miami Offices Evacuated (3)(抜粋)

(3段落目で津波に関する情報などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE