コンテンツにスキップする

【NY外為】カナダ・ドル上昇、株反発で-リスク選好の動き復活

更新日時

28日のニューヨーク外国為替市場では、カナダ・ドルが上昇。新型コロナウイルスを封じ込めようとする世界的な取り組みを背景に、リスクテーク意欲が復活した。一方、ポンドは1週間ぶりの安値となった。市場は今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)とイングランド銀行の政策決定を待っている。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%安。ドルは主要10通貨に対して高安まちまちだった。NY原油先物相場が6営業日ぶりに持ち直したことを追い風に、加ドルとノルウェー・クローネは幅広く上昇
    • ドルはこのままいけば、月間ベースで昨年7月以来の大幅高となる
  • 安全な逃避先とみられる通貨は軟調。S&P500種株価指数が4カ月ぶりの大幅安を記録した前日から反発。米国債は下落した
    • 新たな渡航制限が発表される中、新型コロナウイルスの経済的影響を巡る不安は続いているが、アップルなど米企業の決算発表に注目が移っているようだ
  • FOMCは29日の政策決定で金利を据え置くと広く予想されているが、新型ウイルスの感染拡大を背景に利下げ観測がやや高まっている。一方、イングランド銀行の利下げ確率は約50%とみられている
    • 新型ウイルスに関するFOMCのメッセージが、ドルの方向性にとって重要となる可能性-BNY
  • 昨年12月の米耐久財受注統計では、全体の受注が大きく伸びたものの、設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注は低調だった。11月の米20都市住宅価格指数は前年同月比の伸びが9カ月ぶりの大きさとなった
  • ニューヨーク時間午後4時35分現在、ドルは対円で0.3%高の1ドル=109円17銭。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1020ドル
  • 米ドルは対加ドルで0.3%安。ポンドは対ドルで0.3%安
Dollar-yen moves back above 55-DMA

原題:Loonie Outperforms as Stocks Rebound; Pound Drops: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、経済指標の記述を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE