コンテンツにスキップする

米疾病対策センター、不要不急の中国渡航回避を勧告-感染拡大防止

米疾病対策センター(CDC)は国民に対し、不要不急の中国渡航を避けるよう勧告した。中国では新型コロナウイルスによる死者が100人を超え、各国の政府や企業が対策を強化している。

  CDCは新型コロナウイルスについて、米国民へのリスクは低いと考えられるとしつつ、感染拡大を阻止するため予防措置が必要だと説明した。

  28日の声明でCDCは、「このウイルスの人から人への一定の感染拡大が米国内で確認される可能性はあるが、米保健当局の対応の目標はウイルスを封じ込め、国内での持続的な感染拡大を防ぐことだ」と記した。

  27日には米国務省が、中国への渡航警戒レベルをレベル3の「渡航の再検討」に引き上げていた

原題:
Americans Should Avoid Travel to China During Outbreak, CDC Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE