コンテンツにスキップする

ギリシャが15年債発行へ、債務危機経て約10年ぶり-利回り2%弱か

ギリシャは2009年以来となる15年債を発行する。債務危機に苦しんだギリシャが徐々に正常化しつつあることが示唆される。

  公に話す権限がないとして匿名を条件に述べた事情に詳しい関係者によると、価格ガイダンスは同種債券のミッドスワップを170ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)程度上回る。これを計算すると、利回りは2%をやや下回る水準となる。

  この債券発行の共同主幹事には、バークレイズ銀行、BNPパリバ、BofAセキュリティーズ、ゴールドマン・サックス・グループ、HSBCホールディングス、JPモルガン・チェースが名を連ねている。

Stress Free

Greece's annual debt obligations seen below 12 billion euros by 2070

Source: Greek Finance Ministry

Data are as of end-September

原題:Greece Sells 15-Year Debt for First Time in More Than Decade (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE