コンテンツにスキップする

くら寿司USAの親会社に初の株売却チャンス、米IPO後63%上昇

  • 親会社くら寿司はくら寿司USAの株式55%を保有
  • ロックアップ期間終了で28日に初めて内部関係者に保有株売却の機会
Plates of sushi covered with domes move along a conveyor belt.
Plates of sushi covered with domes move along a conveyor belt. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
Plates of sushi covered with domes move along a conveyor belt.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

カリフォルニア州やネバダ州を含む米5州で24のレストランを運営する回転寿司チェーンのくら寿司USAは今週、2019年の新規株式公開(IPO)後のロックアップ期間が終了する。親会社くら寿司の動向が注視されそうだ。

  くら寿司USAの内部関係者はロックアップ期間が終了する28日に初めて保有株売却の機会を得る。くら寿司USAの株価は昨年7月以来63%値上がりしており、55%の株式を保有する親会社くら寿司には保有株の利益を確定する初のチャンスになる。

  くら寿司USAは親会社の保有株の計画についてコメントを控えた。

Kura Sushi parent gets first window to sell post-IPO surge

  くら寿司USAは08年に設立。くら寿司USAの姥一最高経営責任者(CEO)は電話インタビューに通訳を介して応じ、成長加速のために追加の資金調達の可能性はあるが、同社の営業キャッシュフローとIPOで拡大計画の実現に十分な資本を備えていると述べた。

原題:Sushi Bar Parent Gets First Chance to Sell After 63% IPO Surge (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE