コンテンツにスキップする

米軍が反論、アフガニスタンで米軍機撃墜したとのタリバンの声明に

  • 敵によって撃墜されたことを示す証拠ないと米軍広報
  • 米軍はガズニ州でのボンバルディアE-11A墜落を確認

アフガニスタン東部のガズニ州で27日、米軍機が墜落したことを巡り、同国の反政府武装勢力タリバンは「諜報(ちょうほう)任務に従事していた」同機を撃墜したとの声明を出した。これに対し、米軍は同機が「敵の攻撃」によって撃墜されたことを示す証拠はないと反論した。

  アフガン在留米軍の広報を担当するソニー・レゲット大佐はボンバルディアE-11Aが墜落したことを確認。「墜落の原因は調査中だが、敵の攻撃が原因だと示すものはない」と述べた。

原題:U.S. Disputes Taliban Claim It Shot Down Plane Over Afghanistan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE