コンテンツにスキップする

ECB、高度に緩和的な金融政策の副作用に引き続き警戒-メルシュ氏

欧州中央銀行(ECB)のメルシュ理事は27日、「現時点のユーロ圏の経済活動とインフレの見通しは、ECBが政策パッケージを通じて実行している高度に緩和的な金融政策を正当化する」としながらも、それらの政策に伴う副作用の可能性に政策委員会は引き続き警戒していると語った。

  メルシュ理事はルクセンブルクでのスピーチで、「資産価格は現在、非常に高い水準にある。資産価格が修正されるリスクが増しつつある」と発言。「価格修正は融資の裏付けとなる担保の価値を下げる直接的な影響に加え、信頼感低下に伴う間接的な影響を銀行に与え、経済活動全般を弱めることにつながる」と指摘した。

    原題:Mersch Says ECB Is Attentive to Potential Side Effects of Policy(抜粋)

        最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE