コンテンツにスキップする

1月27日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:円など逃避通貨が上昇、新型ウイルスへの警戒続く

  27日のニューヨーク外国為替市場では円とスイス・フラン、ドルが主要10通貨に対して上昇。新型コロナウイルスを巡る懸念が続き、世界的に株式が売られる中、同3通貨は最近の上げを拡大した。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%高。55日移動平均線を上回り、昨年12月11日以来の高値を付けた
    • ドルは円とフランを除く主要10通貨すべてに対して上昇。一方、ノルウェー・クローネとオーストラリア・ドルは下落率上位
    • クレディ・スイス・グループのストラテジスト、シャハブ・ジャリヌース氏:
      • 「コロナウイルス懸念を単独で見れば、ドルにプラスだ」とし、同ウイルスはアジアや中国を中心に世界の貿易を脅かす可能性があると付け加えた
  • 米政府は新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、国境での渡航者スクリーニング検査拡大を検討している。米国務省は中国渡航への警戒レベルを引き上げ、渡航を再考するよう促している
    • 米国では過去1週間に5人の感染が確認された後、27日午前の時点で新たな症例は報告されていない
  • 株式相場は世界的に下落した。S&P500種株価指数はほぼ4カ月ぶりの大幅安。米10年債利回りは昨年10月以来の水準に低下。NY原油先物は約3カ月ぶりの安値に下げた
    • ノルデア銀行によれば、今回のコロナウイルス感染拡大への商品相場の反応は、過去に大流行した同様の感染症への反応よりも強い
  • 昨年12月の米新築住宅販売は5カ月ぶりの水準に減少。ドイツ企業の景況見通しは1月に予想外に悪化した
  • ニューヨーク時間午後4時37分現在、ドルは対円で0.4%安の1ドル=108円90銭。ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.1020ドル

原題:Virus Threat Prompts Rally for Haven Currencies: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:株安・債券高、新型ウイルス拡大を懸念

  27日の米金融市場では株式が大幅続落となる一方、国債が大きく値上がり。新型コロナウイルスがもたらす影響が懸念され、世界的に動揺が広がった。

  • 米国株は続落、S&P500がここ約4カ月で最大の下げ
  • 米国債は大幅続伸-10年債利回り1.61%に低下
  • NY原油は5日続落、ウイルス感染拡大で需要減退懸念広がる
  • NY金先物は続伸、ウイルス懸念で逃避需要

  S&P500種株価指数はここ約4カ月で最大の下げとなり、ダウ工業株30種平均は年初来の上げを消した。ナスダック100指数は8月以来の大幅下落となった。中国とのつながりが大きい銘柄の売りが加速し、半導体やクルーズ、カジノといった銘柄が特に下げた。恐怖指数とされるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)は直近1年の平均を上回った。

  S&P500種株価指数は前週末比1.6%安の3243.63。ダウ平均は453.93ドル(1.6%)安の28535.80ドル。ナスダック総合指数は1.9%低下。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.61%。

  中国当局が春節(旧正月)の連休を2月2日まで延長したことを受け、本土の金融市場の取引再開は同月3日に延期された。中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの米国預託証券(ADR)と、ファストフードチェーンのヤム・チャイナ・ホールディングスは大幅安。安全な逃避先として米国債は買われ、米10年債利回りは10月以来の低水準となった。

  ニューヨーク原油先物相場は5営業日続落。ウイルス感染拡大が中国に打撃を与え、世界エネルギー需要への脅威となる中で、昨年10月以来の安値をつけた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は1.05ドル(1.9%)安の1バレル=53.14ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント3月限は1.37ドル安の59.32ドル。

  ニューヨーク金先物相場は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は5.50ドル(0.4%)高の1オンス=1583.70ドルで終了。コメルツ銀行のアナリスト、ダニエル・ブリーズマン氏は27日付のリポートで、新型ウイルスの感染拡大で「金融市場ではリスク回避の動きが目に見えて高まっている」と指摘。金は逃避先として「恩恵を受けている」と話した。

原題:Stocks Tumble Around the World on Virus Jitters: Markets Wrap(抜粋)

Oil Slides to a Three-Month Low on Virus Contagion Jitters

Industrial Metals Slump as Virus Concerns Boost Growth Risks

◎欧州債:イタリア債上昇、10年債利回りは昨年7月以来の大幅低下

  27日の欧州債市場でイタリア債が上昇。10年債利回りは昨年7月以来の大幅低下となった。サルビーニ書記長率いる反移民の野党「同盟」がエミリアロマーニャ州議会選挙で敗れた。ドイツ債も上昇。新型コロナウイルスを巡る懸念から株価が下落、ドイツ債が安全逃避の買いを集めた。

  • イタリア債はブルフラット化。早期総選挙のリスクが後退し、10年債利回りは11月7日以来の低水準
  • ドイツ債はブルフラット化。準中核国債のパフォーマンスが中核国債を上回った
  • 英国債は月末のデュレーション(平均残存期間)延長を控えブルフラット化
  • ドイツ10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げてマイナス0.38%、英10年債利回りは6bp下げて0.50%、イタリア10年債利回りは20bp下げて1.04%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italy’s 10-Year Yield Falls Most Since July; End-of-Day Curves(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE