コンテンツにスキップする
Photographer: Peter Juelich/Bloomberg
cojp

金利水準、今後数年は大きく変わらない可能性-ECBのクノット氏

  • 1世代の成長過程で預金から金利収入を得るという感動ないのは残念
  • ABNアムロ、預金250万ユーロ超える顧客に年0.5%の利払い求める
The European Central Bank (ECB) headquarters stands in Frankfurt, Germany, on Wednesday, Nov. 27, 2019. ECB President Christine Lagarde said "support for the euro has reached an all-time high".
Photographer: Peter Juelich/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は、銀行口座を持つ人々は低金利とゼロ金利に慣れるだろうとの認識を示した。  

  オランダのテレビチャンネルNPO1との26日のインタビューで、同総裁は今後数年で金利水準が「抜本的に異なる」ようになる公算は小さいと述べ、低金利にもかかわらず国内の一般世帯が貯蓄を増やしていることに触れた。

  クノット総裁は、1世代の成長過程で預金口座から金利収入を得るという感動がないことは残念だが、年金資金あるいは子どもの学費のための貯蓄という人々の行動を低金利が損ねることにはならないと話した。

  オランダ3位の銀行ABNアムロ・グループは今月、預金が250万ユーロ(約3億円)を超える顧客に年0.5%の利払いを4月1日から求めると発表。昨年末時点のデータによれば、これによりマイナス金利となる顧客が5200人増える。同行はそれ以外の預金者に対する金利を0.01%からゼロに引き下げる。

原題:Low Interest Rates Will Be Around for Years, ECB’s Knot Says

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE