コンテンツにスキップする

仏ルノー、新CEOの指名準備-重要なアライアンス会議控え

  • ルノー取締役会、VW傘下セアト前会長デメオ氏を新CEOに-仏紙
  • ルノーと日産、三菱自は30日に日本でアライアンス会議

フランスの自動車メーカー、ルノーは日本で30日に重要な会議を開くのに先立ち、同社の新しい最高経営責任者(CEO)を指名することになりそうだ。会議ではルノーと日産自動車三菱自動車とのアライアンスが日産元会長カルロス・ゴーン被告の事件を乗り越え前進していることを示す意向だ。

  26日付の仏紙パリジャンによると、ルノー取締役会はルカ・デメオ氏の新CEO就任にゴーサインを出した。情報源は明示していない。ルノーの広報担当はコメントを控えた。

  イタリア人で、独フォルクスワーゲン(VW)傘下のスペイン自動車ブランド、セアトを率いていたデメオ氏は数カ月前からルノー新CEOの最有力候補と目されてきた。VWのヘルベルト・ディースCEOは先週スイスのダボスで、最近セアト会長を退任したデメオ氏が「ルノーと恐らく協議している」と発言。ルノーのジャンドミニク・スナール会長は、名前は確認せずに、数日以内に新CEO発表の可能性があることを明らかにしていた。

  スナール会長は、月末のアライアンスの会議では3社の業務提携を深めるための一連の措置が打ち出されるとの見通しを示していた。

原題:
Renault Prepares for New CEO Ahead of Crucial Alliance Meeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE