コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • 中国が感染対策で春節連休を延長へ、治療にアッヴィの抗HIV薬
  • ソフバンクGがフィンテックに出資、金正恩氏の叔母、鉄鋼追加関税
Passengers wear protective masks as they arrive at the Los Angeles International Airport, California, U.S. 

Passengers wear protective masks as they arrive at the Los Angeles International Airport, California, U.S. 

Photographer: Mark Ralston/AFP via Getty Images
Passengers wear protective masks as they arrive at the Los Angeles International Airport, California, U.S. 
Photographer: Mark Ralston/AFP via Getty Images

春節の連休期間を延長-。新型ウイルスの感染拡大を抑えるため、中国が大胆な措置を発表しました。都市からの移動制限など、これまでの策も当局が躍起になって問題に取り組んでいることを国内外に印象づけていますが、感染は広がり続け、当局の焦りもうかがえます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

連休はいつまで

新型コロナウイルスの感染による中国本土の死者数は、武漢市を中心に少なくとも56人に達した。中国当局は感染拡大ペースを抑えようと、春節(旧正月)の連休を「適切な期間」延長することを決定。26日には日本で4例目の感染が確認された。日本政府は民間のチャーター便を使用し、武漢市在住の日本人の希望者全員を帰国させる方針を発表した。米国では5例目の感染症例が確認された。

アッヴィの薬効は

中国の保健当局は、世界で新型コロナウイルスによる肺炎の治療方法を見つける取り組みが行われている間の措置として、米バイオ医薬品会社アッヴィの抗HIV薬「カレトラ」を治療に使用する。北京市衛生健康委員会は、新型肺炎を発症した患者の治療計画に、ロピナビルとリトナビルの配合剤であるカレトラを含めたことを明らかにした。

中南米フィンテックに着目

ソフトバンクグループの中南米特化ファンドが主導する投資家グループは、中南米のフィンテック企業、アルファクレジットに1億2500万ドル(約140億円)を出資する。アルファクレジットは、従来型の銀行から十分なサービスを受けられない個人や中小企業に信用枠を供与。これまでにメキシコとコロンビアの顧客に対し、合計10億ドル余りの融資を手掛けた。

6年ぶりに

北朝鮮の国営メディアは、金正恩朝鮮労働党委員長が叔母の金慶喜氏(73)と平壌でオーケストラの公演を鑑賞したと伝えた。金慶喜氏は2013年に夫の張成沢元国防副委員長が処刑されてから動静が伝えられていなかった。金委員長の妹の金与正氏と北朝鮮の事実上のナンバー2、崔竜海氏も参加した。金委員長が親族とともに現れたのは、血縁によって結ばれていることを強調する狙いがあるとみられる。

鉄鋼アルミで追加関税

トランプ政権は約2年前に導入した鉄鋼・アルミニウム輸入品への追加関税を拡大し、くぎや電線、自動車やトラクターに使われる部品などを対象に含める。一部のアルミ関連製品の輸入に10%、一部の鉄鋼関連に25%の追加関税をそれぞれ課す。アルゼンチン、豪州、カナダ、メキシコはアルミの追加関税を免除される。鉄鋼の追加関税についてはブラジル、アルゼンチン、カナダ、豪州、メキシコ、韓国が免除される。

その他の注目ニュース

米アムジェン株下落、4Q業績は予想に届かない見込みとRBC

英モンゾ、追加資金調達でソフトバンクVFと協議-テレグラフ

ファーウェイへの禁輸強化が棚上げ状態、米政権内の反対で-関係者

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE