コンテンツにスキップする

新型肺炎の死者増加、中国は春節連休を延長-日本は邦人帰国支援

更新日時
  • 中国の春節連休「適切な期間」延長-本土の感染症例2000件超え
  • 中国は27日から海外団体旅行を禁止-消費額高く国内経済に打撃

新型コロナウイルスの感染による中国本土の死者数は、湖北省武漢市を中心に少なくとも56人に達した。中国当局は感染拡大ペースを抑えようと、春節(旧正月)の連休の延長を決定。26日には日本で4例目の感染が確認された。日本政府は同日、民間のチャーター便を使用し、武漢市在住の邦人の希望者全員を帰国させる方針を発表した。

  中国国営の新華社通信は、30日までとなっていた春節の連休が「適切な期間」延長されると、政府声明を基に26日に伝えた。李克強首相が率いる疫病対策工作小組はこれより先、連休延長は感染拡大を抑制する「妥当な措置」との見解を示していた。同国国営テレビは26日、本土の感染症例が2051件に達したと報じた。これまでに世界で確認された症例のうち98%を中国本土が占める。

CHINA-HEALTH-VIRUS

武漢の赤十字病院に搬送される患者(25日)

  日本政府は26日、民間のチャーター便を使用し、武漢市在住の邦人の希望者全員を帰国させる方針を発表した。安倍晋三首相は同日夜、チャーター機の手配にめどがついたことから、「希望者全員を帰国させることにした」と説明。現在、中国政府と交渉しており、「速やかに帰国を実現させたい」と話した。日本政府は、武漢市に23日現在で約710人の邦人が滞在していることを確認している。

  茂木敏充外相は26日夜、中国の王毅外相と電話会談し、邦人全員の帰国への支援を要請するとともに、新型肺炎の拡大防止に向けた日本の支援を申し出た。これに対して王毅外相は邦人の早期帰国に理解を示し、両国政府が調整していくことで一致した。茂木外相がフェイスブックで会談内容を明らかにした。

  武漢市に本社がある東風汽車と現地合弁を組んでいるホンダは、同市駐在の従業員とその家族、出張者ら約30人を政府チャーター便で帰国させることを決め、日本政府にも報告した。現地対応が必要な数名のみ残すという。

関連記事はこちら

  一方で、厚生労働省は26日、日本国内で4例目の感染者が確認されたと発表した。武漢市在住の40代男性の旅行者で、発熱はあるものの容体は安定しているという。

  武漢の周先旺市長は26日の記者説明会で、市内での感染確認者がさらに1000人増える可能性があると述べた。現在、感染が疑われる患者が2700人おり、そのうち45%の感染が確認されると推定されると説明した。

  このほか、香港当局者は、27日から湖北省の住民の入境を禁止すると発表した。過去14日間に湖北省を訪れた人の入境も禁止されるが、香港市民は例外とするとしている。

訪日客4000万人目標に暗雲

  中国政府は25日、海外への団体旅行を27日から全て禁止すると通達した。中国中央テレビ(CCTV)が伝えた。国内の団体旅行は24日に禁止していたが、新型コロナウイルスによる肺炎の拡散を防ぐため、移動を制限する措置を拡大した。  

  東京五輪が開催される2020年に訪日外国人旅行者数を4000万人に増やす日本の目標達成も雲行きが怪しくなりそうだ。訪日外国人観光客の4割近い消費額を占める中国人観光客の減少による国内経済への打撃も避けられない。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の戸内修自シニア・マーケットエコノミストは、訪日外国人旅行者市場が小さかった重症急性呼吸器症候群(SARS)発生時の03年に比べ「外国人入国者減に伴う負の影響」が大きく、「GDP(国内総生産)への影響もマイナスが予想される」とリポートで分析した。

関連記事はこちら

米国もチャーター便

  米国では24時間で3人の感染が確認された。2人はカリフォルニア州南部、1人はアリゾナ州マリコパ郡で見つかった。3人とも最近、武漢を訪れており、現在は入院している。3人と濃厚接触した人たちは特定され、感染の兆候が見られないか経過観察されている。米国ではこれに先立ちワシントン州とシカゴで感染者が確認されており、計5人となる。

  武漢の米国領事館は28日に米国人をチャーター便で一部退避させることを計画している。

  武漢市とその周辺からの人々の移動は制限されているが、移動禁止措置が発動される前に数千人が既にほかの地域へ動いていた。フランスでも24日遅く、3人の感染が確認された。欧州での確認は初めて

  カナダでは22日にトロントに戻った50代男性が新型肺炎を発症した。オンタリオ州の保健当局者によると、男性が武漢市を訪問した後に航空機でトロントに戻った際に接触した人を特定するため、トロントの保健当局が連邦政府の当局者とともに取り組んでいる。

Life in Shanghai As Health Response Level Raised To Highest

人影まばらな上海の人民広場駅(25日)

  このほかに香港、タイ、韓国、台湾でも26日、新たな感染例が確認された。オーストラリアやマレーシア、シンガポール、ネパールでも感染が報告されている。これまでに感染例が確認されていないアフリカでは、北京発の便でコートジボワールに25日到着した乗客1人が感染の疑いがあり、ウイルス検査を行っている。

  パキスタンでも感染例があったと25日伝わったが、同国の保健当局はこれを否定。病院で隔離状態にある1人は快方に向かっており、重度の急性呼吸器感染症を患っている兆候はないとした。

  国営新華社通信によると、中国の人民解放軍は、地元病院を支援するため450人の医療スタッフを武漢市に派遣した。これにはウイルス性感染病の拡散への対応経験がある担当者も含まれる。

新型コロナウイルス感染に関する最新データ

TOPSHOT-CHINA-HEALTH-VIRUS

防護服を着用して対応に当たる武漢赤十字病院のスタッフ(25日)

原題:China Extends Holiday to Curb Virus, Fourth U.S. Case Confirmed(抜粋)

Canada Is Latest to Confirm Virus as China Death Toll Mounts (1)(抜粋)

Pakistan Health Official Denies Report of Coronavirus Infection

China Extends Holiday to Curb Virus, U.S. Confirms Five Cases(抜粋)

(第4段落に日中外相電話会談の内容を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE