コンテンツにスキップする

米ボーイングの株価上昇、737MAXの問題解決へ前進と米当局

  • 主要な節目達成に向けたこの数週間の前進に満足と連邦航空局
  • 運航再開承認の具体的な時間枠が示されたわけではない

24日の米株式市場で航空機大手ボーイングの株価が上昇。運航を停止している737MAXを巡る問題の解決に向けて前進しているとの見解を米当局が示したことから、運航再開が近いとの観測が強まった。

  米連邦航空局(FAA)は同日、「ボーイングがこの数週間、主要な節目の達成に向けて前進したことに満足している」との声明を発表した。FAAのディクソン局長はこれに先立ち、米航空会社と会談していた。

  FAAは先月、データ提出などを巡り同社のマレンバーグ前最高経営責任者(CEO)を厳しく批判していただけに、24日の声明のトーンは大きな変化と言える。マレンバーグ氏は先月辞任し、デービッド・カルフーン氏が新CEOに就いた。

  ボーイングは21日、737MAXの運航再開は年央まで承認されないとの見通しを明らかにした。事情に詳しい関係者によると、ディクソン局長はボーイングの見通しは控えめだと述べ、年央の前に運航再開が承認される可能性があると指摘した。ただ、具体的な時間枠を示したわけではないという。声明の中でも承認の期限には触れていない。ディクソン局長と米航空会社の階段についてはロイター通信が先に報じていた。

  ボーイングの株価は前日比1.7%高の323.05ドルで取引を終えた。

    

原題:Boeing Rises as FAA Says It’s ‘Pleased’ With Progress on Max (2) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE