コンテンツにスキップする

ボーイング、787ドリームライナー生産の追加削減を検討-関係者

ボーイングは787ドリームライナーの需要低迷に対応し、さらなる生産削減を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者によれば、同社幹部らは月間の生産を2機削減し、10機とするかどうか検討している。昨年10月時点で既に、生産ペースを減らしていた。最終決定はまだ下されていないものの、同機の新たな生産スケジュールは早ければ来週の決算発表時に公表される可能性がある。

Inside the Boeing Co. 787 Assembly Plant

787ドリームライナー、ワシントン州エベレットの組み立てライン

写真家:パトリック・T・ファロン/ブルームバーグ

  ドリームライナーを減産すれば、737MAXの世界的な運航停止からの持ち直しを図るボーイングにとって、重要な収入源が阻まれることになる。ドリームライナーの表示価格は約2億5000万ドル(約270億円)から。787はボーイングが2019年に納入した航空機全体の約40%を占めた。昨年はほぼ大半にわたって、MAXの出荷が停止された。

原題:
Boeing Weighs Another Cut to 787 Output in New Threat to Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE