コンテンツにスキップする

新型ウイルスの死者、中国で少なくとも41人-日本で3例目感染者

更新日時
  • 確認された感染例も1287件に急増、中国軍は医療関係者を武漢に派遣
  • 米国、欧州、オーストラリア、マレーシアなどでも感染例

中国・湖北省武漢市を震源地とする新型コロナウイルスによる死者は同国内で少なくとも41人に上った。中国国家衛生健康委員会の25日の声明によると、確認された感染例は444件増えて1287件に達した。うち237件は重症だという。

  また、日本国内でもこの日、新たな感染者が報告された。18日に来日した武漢市在住の30代女性の旅行者で、23日に38度台の熱が出て都内の医療機関を受診したという。ただ、現在は37度台に下がり、症状は落ち着いている。本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っておらず、中国で肺炎患者との明確な接触は確認できていない。感染者が国内で確認されたのは3例目だ。

  新たな感染例は米国、欧州、オーストラリア、マレーシアでも報告され、新型ウイルスは4大陸に拡散した。感染者はオーストラリアやマレーシアなど他のアジア太平洋諸国にも広がっている。

  中国国営の新華社通信によると、人民解放軍は武漢市の病院を支援するため450人の医療関係者を同市に派遣した。

  中国国内で感染による死者が劇的に増えたことは、武漢市やその周辺都市の住民の移動を制限する当局の積極的な措置にもかかわらず事態がまだコントロールできていないことを示唆している。

  米国では中国から帰国した2人の感染が確認され、フランスでは欧州で最初となる感染例が判明した。この他にもオーストラリア、マレーシア、パキスタン、ネパールでも感染例が確認された。

  米疾病対策センター(CDC)の国立予防接種・呼吸器疾患センターのナンシー・メッソニエ所長は「われわれはさらに米国での感染者が増えると予想している」と指摘。「状況の展開が速い。時々刻々と情報が飛び込んでくる」と語った。

  

      原題:Coronavirus Spreads to Four Continents With China Cases Surging (抜粋)

          (米疾病対策センター幹部のコメントを追加して更新します)
            最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE