コンテンツにスキップする

ソフトバンク:上場初の社債公募へ向け始動、発行登録と主幹事内定で

携帯電話会社のソフトバンクが、株式上場以来初の社債発行に向けて動き出した。公募に向けて発行登録を行い、関係者は起債に向けて主幹事が内定していると明かした。

  ソフトバンクは24日、社債発行に必要な発行登録書を関東財務局に提出した。登録枠は1兆円で、今後枠内で複数回発行が可能になる。同社は昨年から発行準備を進めて潜在投資家への訪問を実施、投資家からの年度内発行への期待が高まっていた。

  広報部の浦祐来恵氏は「発行は検討しているものの、実際に発行するかについて具体的に決まったものはない」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE