コンテンツにスキップする

米アップル、EUと対立-スマホ充電ケーブル端子の規格統一化で

  • 規格統一化はイノベーションを妨げる-アップル
  • 欧州委は電子廃棄物減らすための法案を検討-EU当局者

アップルは23日、欧州連合(EU)が提唱しているスマートフォン用充電ケーブル端子の規格統一化に反対の立場を表明した。

  アップルは同日の発表文で、「全てのスマートフォンのコネクターを同じ種類のものに統一するよう強制する規制は、イノベーションを促進するのではなく妨げることになり、欧州の消費者と経済全体を損なうと考える」と反対の理由を説明した。

  EU当局者によると、欧州委員会は現在、電子機器廃棄物を減らすための法案を検討している。これまでの自主的なアプローチでは期待したほどの成果が得られなかったためだ。

  スマホ利用者は異なる種類の充電ケーブルを持ち歩かなければならないことが多く、不満の種となっている。アップルの「iPhone(アイフォーン)」では「ライトニング」と呼ばれる充電ケーブル端子を採用しているが、これはサムスン電子など他社のスマホには使えない。同一規格の採用を余儀なくされた場合、アップルが高価格で販売している独自規格の製品が汎用(はんよう)品と化すことになり利益率を圧迫する。

  EUは「グリーンディール」と呼ばれる経済改革を推し進めており、より厳しい二酸化炭素排出基準や国境炭素税の導入などを検討している。

原題:
Apple Takes on European Union, This Time Over IPhone Chargers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE