コンテンツにスキップする

【NY外為】円が上昇、新型ウイルス拡大で成長懸念-ユーロ下落

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場では円が上昇。新型コロナウイルスの感染拡大で世界の経済成長が抑制されるリスクが懸念された。ユーロは下げ、年初来最安値をつけた。欧州中央銀行(ECB)は政策据え置きを発表した。

  • ニューヨーク時間午後4時54分現在、ドルは対円で0.4%安の1ドル=109円46銭
    • 経済下振れリスクをヘッジする動きが見られ、円は一時2週間ぶり高値となった。ただS&P500種株価指数が上昇に転じた後、円は伸び悩んだ
    • 新型ウイルス関連ではシンガポールで初の感染例が報告されたほか、米国務省が中国渡航について注意を呼び掛け
      • 世界保健機関(WHO)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送り、状況を引き続き注視していくとした
    • ドルは109円27銭で日中安値を付けた。米10年債利回りの低下が背景
  • ユーロはドルに対して0.3%安の1ユーロ=1.1059ドル
    • 欧州債の大幅上昇が背景
    • ラガルドECB総裁が「基調的なインフレには緩やかな上昇」の兆しがあると指摘した直後、ユーロは日中高値をつけていた
Euro sinks below trendline and 100-DMA after ECB meeting
  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇
    • 一時は12月26日以来の高水準に上昇
    • ドルは主要10通貨の大半に対し値上がり
  • ポンドはドルに対し0.1%安の1ポンド=1.3128ドル
    • 翌日の英購買担当者指数(PMI)発表を待つ展開

原題:Yen Rises as Virus Risk Escalates; Euro Slumps: Inside G-10(抜粋)

(情報を追加し、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE