コンテンツにスキップする

ECB、広範な戦略検証を開始-インフレ回復せず政策再検討へ

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会は、2003年以来初の広範な戦略検証を開始することに合意した。何年にもわたる大胆な金融緩和にもかかわらずインフレが回復しない中、政策を再検討する。

  ECBはラガルド総裁の記者会見の後、フランクフルト時間午後3時30分に政策検証の範囲とスケジュールに関する詳細を発表する。

Euro-area inflation has undershot the ECB's goal of just under 2%

  ECBの近代化を目指すラガルド総裁の取り組みには恐らく、「2%弱」としているインフレ目標の再設定が含まれる。インフレを測る代替指標や政策手段についても見直される見込みだ。

  ユーロ圏では製造業の低迷が労働市場や個人消費に甚大な害を与える前に底を打ちつつある兆候が表れており、ECB政策担当者は戦略検証に専念することができそうだ。検証はほぼ1年かけて行い、金融安定や気候変動、コミュニケーションなどの問題も議題となる。

  20年前のECB創設から500回目の会合で、政策委員会は中銀預金金利をマイナス0.5%、債券購入の月額を200億ユーロ(約2兆4300億円)で維持することも決めた。

  インフレがしっかりと目標に収束するまで金利は現行水準かそれ以下にとどまり、量的緩和(QE)は必要な限り継続するとのガイダンスも繰り返した。

原題:
ECB Kicks Off Broad-Based Review in Search for Elusive Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE