コンテンツにスキップする

中国、外国勢の上場企業持ち分上限を引き上げる可能性-証監会副主席

  • 現在は外国人保有比率が28%に達した本土株は外国勢から注文を停止
  • 上限を「30%超」に引き上げる可能性はある-方星海副主席

中国証券監督管理委員会(証監会)は外国人投資家に課している本土上場企業の持ち分上限を引き上げる可能性を見据えている。証監会の方星海副主席が明らかにした。

  スイスのダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会に参加している方副主席はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、アジアの他国で外資規制がもっと緩いことを踏まえれば、中国が上限を「30%超」に引き上げる可能性はあると指摘した。

  実際の政策決定に至るまでには「かなり長いプロセス」を経る必要があるとしながらも、「原則的には可能だと思う」と述べた。

  中国は現在、外国人保有比率が28%に達した本土株について、外国勢からの買い注文を停止している。

Overseas investors hold more than $500 billion in Chinese stocks and bonds
関連記事
中国、投資銀行大手への市場開放加速-米中の第1段階合意署名で
中国市場への進出目指す米金融機関、待ち受けるのは多くの困難か
中国、ゴールドマン並みの投資銀行育成狙う-来年の金融開放にらみ(2019年12月配信)

原題:
China Weighs Lifting Cap on Foreign Holdings in Companies (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE