コンテンツにスキップする

ジョンソン首相も「ワッツアップ」でサウジ皇太子と連絡か-英紙

更新日時
  • 元外務省の1人はメッセージのやりとりに「99%確信がある」と証言
  • ジョンソン氏は外相時代に私用電話番号を首脳らに配っていたという

ジョンソン英首相がサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と、メッセージアプリ「ワッツアップ」で連絡を取り合っていたと英紙テレグラフが報じた。複数の元英政府当局者からの情報を引用した。

  同紙によれば、元外務省の1人はジョンソン氏がワッツアップでムハンマド皇太子にメッセージを送ったという「99%の確信がある」と証言。別の関係者が同紙に語ったところでは、ジョンソン氏は外相在任中に私用の電話番号を多くの首脳に頻繁に配っていた。

  テレグラフ紙によると、サイモン・コリス駐サウジ大使もムハンマド皇太子とワッツアップでメッセージをやりとりし、ジョンソン氏は、クシュナー米大統領上級顧問との間でもワッツアップでメッセージのやりとりがあったと考えられるという。

  22日にテレグラフ紙の取材を受けた英首相官邸は、同紙に示された情報を否定しなかった。首相報道官は「われわれがコメントするようなことではない」と同紙に回答した。

原題:U.K.’s Johnson Messaged Saudi Prince on WhatsApp: Telegraph(抜粋)

(駐サウジ大使と皇太子のやりとりなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE