コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数低下、リスク選好鈍る-カナダ・ドル安い

更新日時

22日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨に対し高安まちまち。中国の武漢市が航空機の出発便運航の停止を発表し、リスク選好の動きが後退した。カナダ銀行(中央銀行)の政策姿勢がハト派に転じたことを受け、カナダ・ドルは急落。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下
    • 一時は下げを埋めたが、ニューヨークの午後にじり安となった
  • 新型コロナウイルスによる死者は少なくとも17人に達し、中国当局は感染拡大を封じ込めるため対策を強化。武漢市はバスと地下鉄、フェリー、長距離バスを含む公共交通機関も停止する
    • 世界保健機関(WHO)は同ウイルスの感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」かどうかの判断を先送り
  • Loonie quickly falls to a year-to-date low against the greenback
  • カナダ・ドルは米ドルに対し下げて年初来安値
    • ニューヨーク時間午後4時59分現在、1米ドル=1.3135カナダ・ドル
    • カナダ中銀の政策発表直後には1.3153カナダ・ドルで日中安値をつけた
  • ユーロはドルに対して0.1%高の1ユーロ=1.1093ドル
    • 米国とフランスがデジタル課税の世界的な枠組みで合意したと、ルメール仏経済・財務相が明らかにした
  • ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=109円84銭
    • ドルの日中高値は110円10銭
  • ポンドはドルに対し続伸、0.7%高。英企業景況感を示す指数が材料視された

原題:Dollar Mixed; Loonie Leads Losses After BOC Meeting: Inside G-10(抜粋)

(グラフとポンド関連情報を追加、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE