コンテンツにスキップする

米J&J:10-12月期の売上高が予想下回る、見通しも慎重-株価下落

医薬品大手の米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が発表した2019年10-12月(第4四半期)決算では、売上高が市場予想を下回った。かつての主力薬品の一部は競争激化で売り上げ減少が続いたほか、ベビー関連製品が落ち込んだ。

  • 第4四半期の売上高は207億5000万ドル(約2兆2800億円)と、アナリスト予想平均の208億7000万ドルにわずかに届かなかった。関節リウマチ薬「レミケード」の売上高は前年同期比で16%減

インサイト

  • 今後1年はがん治療薬と免疫関連薬が成長の大半を占める可能性が高い。通期調整後1株当たり利益の見通しは8.95-9.10ドルとなった。市場予想の平均は9.09ドル
  • それらの医薬品は実際、第4四半期で明るい部分となった。乾癬(かんせん)治療薬「ステラーラ」の売り上げは18%増の163億ドル。がん治療薬「ダラザレックス」は8億3000万ドルと、前年同期から42%増加した
  • 米国でのベビーケア製品は26%超の減少。新たな競合他社に消費者の関心が向かい、同部門は苦戦している
  • 2019年に訴訟費用として約51億ドルを計上。そのうち40億ドルは、オピオイド系鎮痛剤の販売を巡る訴訟での和解に絡む費用。まだ最終合意には達していない
  • J&J株は一時2%余り下落。21日までの1年間では16%上昇していた

原題:J&J Falls After Fourth-Quarter Sales Miss Analysts’ Target (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE