コンテンツにスキップする

日産との株式持ち合い構造、見直しは優先事項ではない-ルノー会長

仏自動車メーカー、ルノーのジャンドミニク・スナール会長は、日産自動車との株式持ち合い構造を見直す協議は重要ではないと述べ、低迷する業績を立て直すことが先決だと話した。

  スナール氏は22日にスイスのダボスでBFMとのインタビューで、構造見直しは「優先事項ではない」と発言。パートナー間での業務提携の強化や、電気自動車への移行にどう協力して対応していくか考えることの方が急務だと述べた。

  一方、米CNBCとのインタビューでは、「永遠に変わらないものはない」と同氏は話し、「いつか将来に状況が落ち着き、均衡を取り戻したらそのようなこともあるだろう。ただ優先事項ではないし、協議の中心でもない」と続けた。

原題:
Renault Chairman Dismisses Talk of Nissan Shareholding Changes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE