コンテンツにスキップする

イタリア、五つ星のディマイオ党首が辞任-早期総選挙の観測強まる

  • 反エスタブリッシュメント政党の五つ星、内紛と支持率低迷に悩む
  • 昨年9月以降に20人余りの議員が離脱、週末の地方選でも厳しい予想

イタリアのディマイオ外相は、反エスタブリッシュメント政党「五つ星運動」の党首を辞任した。連立政権の存続が危ぶまれている。

European Council

イタリアのディマイオ外相

  支持の衰えが目立つ五つ星は、今週末の地方選挙で厳しい戦いが予想されている。事情に詳しい3人の関係者によると、ディマイオ氏(33)は22日に開いた同党所属閣僚との会合で、党首辞任の意向を伝えた。

  同氏は外相には留任する計画で、22日に声明を発表する予定だと関係者は述べた。

  ディマイオ氏の党首辞任は、イタリアが早期総選挙に向かうとの臆測を強めそうだ。総選挙が実施されれば、反移民政党「同盟」の党首であるサルビーニ氏が首相に就任する可能性も生じる。

  五つ星は世論調査の支持率が低迷する中で党内の不満が高まり、議員の離党が相次いでいる。ディマイオ氏が昨年9月に第2次コンテ内閣の連立入りを決めて以来、離党もしくは除名された議員は20人を超え、21日にも2人が離脱した。

  コンテ首相は五つ星党員ではないが、ディマイオ氏周辺と緊密に連携している。

原題:
Di Maio Quits as Five Star Leader Fueling Talk of Italy Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE