コンテンツにスキップする

中国、ソーシャルメディア上で激しい議論-新型ウイルス感染拡大で

  • 医療従事者への感染拡大に関する投稿の閲覧回数は15億回余り
  • 春節の連休中には延べ30億人の移動が見込まれる

感染が広がっている新型コロナウィルスを巡り、何億人もの中国人インターネット利用者の間で激しい議論が巻き起こっている。

  医療従事者への感染拡大に関する投稿の閲覧回数は、中国版ツイッターの微博(ウェイボ)で15億回余り。新京報が透明性の高い情報更新システムを呼び掛けた社説には、人気メッセージアプリの微信(ウィーチャット)で10万回余りの閲覧があった。

Virus GETTY Sub

武漢の鉄道駅では乗客をサーマルスキャナーで検査(1月21日)

出典:Getty Images経由のAFP

  24日からの春節(旧正月)の連休に先立ち、中国政府は新型ウイルスについて国民に情報を提供しながら社会の安定を維持するという微妙なかじ取りを迫られている。この連休中は延べ30億人の移動が見込まれ、感染拡大が加速する恐れがある。米国でも21日に初の感染例が確認され、世界的な関心事となっている。

  17年前の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時には、旅行中のマスク着用や定期的な手洗いなど予防措置の情報を広めるのに役立つソーシャルメディアのプラットフォームは存在していなかった。しかし、ネット上の自由な議論は、中国当局者への批判をあおるリスクを伴う。

  ウェイボやウィーチャットの利用者は新しい情報の欠如に不満を募らせ、ヒトからヒトへの感染をなぜもっと早く当局が公表しなかったのか疑問を呈した。

Pneumonia Threat Widens

Conoravirus has spread from China to at least six other locations

Sources: National and municipal health authorities

Note: Number of cases as of 11 a.m. Hong Kong time

関連記事

中国の新型コロナウイルス死者、9人に増える-全国的な検査開始

中国の生鮮市場、また新型ウイルス感染症発生源か-消費者需要根強く

中国、コロナウイルス感染対策に総力-習氏は「全力で防止・制圧」

新型ウイルス、米で初の感染確認-「世界で患者増える」と専門家

原題:
China Faces Social Media Backlash With New Virus Outbreak (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE