コンテンツにスキップする

米FBI、ウクライナ疑惑の被告のiPhoneロック解除に2カ月要す

  • バルナス被告は大統領個人弁護士のジュリアーニ氏と親しい間柄
  • 米政府が連邦地裁判事宛ての書簡で明らかにした

トランプ米大統領の個人弁護士ルディ・ジュリアーニ氏と親しく、ウクライナ疑惑に関与したとされるレフ・パルナス被告から押収したアップルの「iPhone(アイフォーン)11」のロック解除に米連邦捜査局(FBI)が約2カ月を要したことが分かった。

  米政府はマンハッタンの連邦地裁のJ・ポール・オトケン判事宛ての書簡で、「まず、パルナス被告は自分の機器のパスワードを教えるのを拒否した。これはもちろん彼の権利だ。しかし、この結果、FBIはアイフォーン11のロック解除に2カ月近くかかった」と説明した。

  パルナス被告の弁護士は、政府が議会委員会からのデータ提出要求に同被告が応じるのを妨げるため、同被告のスマートフォンの情報提出を遅らせていると非難していた。

原題:FBI Took Two Months to Crack Lev Parnas’s IPhone 11, U.S. Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE